相続申請や相続相談は税理士や弁護士に相談|もう悩まない

不動産

早めに相談をする

用紙

交通事故が発生した場合、保険屋に電話をして、事故の経緯と今後の流れが説明されますが、場合によっては不利になる可能性があります。これは加害者ではなく被害に遭った場合ですが、保険屋同時の話し合いの中で、治療費が希望通りに支払われなかったり、あやふやにされたりなど、正しい判断がなされない時があります。この場合、間に弁護士を挟むことで、より正当な慰謝料を請求することができます。ただ、弁護士を呼ぶタイミングに迷っている方もおられ、事故発生時は特にあたふたしている頃ですから、弁護士への相談が頭から抜けている可能性があります。焦っていては適切な判断ができない上に、スムーズな解決が不可能になってしまいます。そのため、加害者になった場合は、事故の現実を重く受け止め、また怪我を負われた場合も、冷静状況判断が出来るよう、交通事故に遭遇した時の正しい対処を理解しておきましょう。尚、弁護士を呼ぶタイミングとしてはまず、交通事故に理解のある医師と切実な対応をしてくれる保険買会社に恵まれている場合はそのまま固定後で問題ありません。しかし、事故処理の時点で問題が発生しているなら、不安が残るだけなので早めに弁護士へ相談をしましょう。

交通事故の被害者になった場合、精神的苦痛と治療にかかる費用2つの請求が可能になります。また、慰謝料には3つの種類があり、自賠責保険と弁護士規準、そして死亡事案に分けられます。それぞれ特徴と内容がありますので、万が一に備えそれぞれの慰謝料の形態を把握しておきましょう。